要注意!妊活に良くない仕事のイライラ

要注意!妊活に良くない仕事のイライラ

要注意!妊活に良くない仕事のイライラ

 

 

仕事をしながら妊活している人は多いはずですが、そこに仕事をしていることで生じるストレスが重なると、心の負担も大きくなってきます。

 

 

そのため、「仕事を辞めようか」「辞めないでこのまま頑張ってみようか」などと悩んでいる方も、実際にはかなりいるようです。

 

 

仕事上のイライラやストレスが妊活に良くないことは知られていますが、それを避けるためには、会社を辞めるしか方法はないのでしょうか。

 

 

仕事を辞めればストレスは軽減するはずですし、妊活に集中できる環境も作れますよね。妊活に専念したい方はそれもいい選択肢だと思います。

 

 

もちろん仕事がすべてのストレスの原因というわけではありませんが、仕事を辞めた途端にプレッシャーから解放されて妊娠したという人もいますから、最も良い解決法は仕事を辞めることかもしれませんね。

 

 

けれども辞めると収入がなくなってしまいますし、不妊治療をしている方なら、その方法によってはかなり高額な支払いが必要になるものもあるので、支払いが困難になってしまうことも考えられます。

 

 

退職するには、旦那さんの収入のなかで生活と不妊治療の費用がまかなえることが条件となりますから、悩ましいところですね。

 

 

では、仕事のイライラを少しでも軽減する方法を考えてみるのはどうでしょうか。

 

 

 

 

・美味しいものを食べに行く

 

 

たまには妊活や仕事のことを頭の中から追い出して、評判の良いレストランやカフェにオシャレをして出かけたり、ちょっと遠くのリゾート地まで足を延ばしてみるのもいいでしょう。

 

 

・旅行する

 

 

必ずしも遠くでなくても構わないので、自分の住んでいる街から離れて温泉やスパで癒されるのもいいですね。

 

 

・適度な運動をする

 

 

くたくたになるような運動ではなく、ヨガやウオーキング・ジョギングも気分転換には良いものです。血行促進や代謝機能のアップになりますし、それなりのウェアを身に付ければ気分もアップしますよ。

 

 

・リラックスタイムを作る

 

 

アロマの好きな香りを選ぶのも楽しいですし、香りに癒されてリラックス効果が期待できるので、イライラなどのストレスも解消されるでしょう。

 

 

・パートナーと過ごす時間を増やす

 

 

夫婦で一緒に出掛けたり、会話を楽しむ時間を大切にすることや、パートナーとのスキンシップが大きな安らぎになり心が落ち着きますから、イライラも解消されることでしょう。

 

 

・睡眠時間を増やす

 

 

睡眠時間で特に良いのは、睡眠のゴールデンタイムと呼ばれる22時から2時までです。この間を含めて質のよい睡眠をとればすっきりし、心身共に落ち着きます。この時間帯が無理なら、せめて7時間は眠るようにしたいものです。

 

 

こちらも見てくださいね。

 

 

 

妊活サプリマカナの効果的な飲み方とタイミングは?