妊活に負担!仕事を辞めたい場合はどうする?

妊活に負担!仕事を辞めたい場合はどうする?

妊活に負担!仕事を辞めたい場合はどうする?

 

 

妊活とは妊娠するために体の調子を整えたり、基礎体温など正しい知識を身に付けたり、妊娠するために活動することですが、妊活によくないといわれているストレスがたまり、「仕事を続けるのはもういやだ…辞めたい」と思っている方は多いようです。

 

 

・妊活と仕事のストレス

 

 

仕事をしながら妊活している人にとっては、仕事上のストレスも重なって負担が大きくなるのは避けられないため、仕事を辞めるか辞めないかで悩む方はとても多いのです。

 

 

パートナーの理解が得られるのでしたら、思い切って仕事を辞めてしまえばストレスが軽減されるので、妊活に集中できる環境が作れます。

 

 

もちろん仕事以外のストレスもあるとは思いますが、仕事を辞めた途端に妊娠したという話は珍しいことではありませんので、妊活における選択肢としてはかなり有効です。

 

 

妊活の悩みは職場では相談しにくい、あるいは相談する人がいないということから自分一人で抱えこんでしまいがちになり、仕事を辞めたいと思うことがあるかもしれませんが、辞めてしまう前にちょっと考えてみませんか。

 

 

・ストレスに向き合い、ストレスを解消する方法

 

 

妊活中のストレスは「心のストレス」と「身体のストレス」の2種類があります。

 

 

心のストレスとは、なかなか妊娠しない焦りやイライラ、精神的につらいなど心に過剰な負担がかかる場合に感じるものです。

 

 

妊娠しないことがストレスとなり、妊活を続けるのがつらくなってしまうケースもあります。

 

 

また不妊治療を行っている方にとっては、高額な治療費がかかるため、お金への心配がストレスになることもあります。

 

 

身体へのストレスとは、肉体に直接的な痛みが伴うことで、とくに不妊治療では肉体的な苦痛が大きいといわれています。

 

 

 

 

そういったストレスを解消する方法には、次のようなものがあります。

 

 

1. 美味しいものを食べる

 

 

妊活中はとかく栄養バランスを考えた料理を心がけるあまり、かえってストレスになる場合がありますが、妊活にとって逆効果にならないようたまには妊活のことを忘れて、美味しいものや食べたいものを食べるのもいいでしょう。

 

 

おしゃれをして話題のレストランに出かけたり、パートナーや親しい友人と楽しく食事をすれば気持ちもリフレッシュし、ストレスの解消になるでしょう。

 

 

でも栄養が気になるという方は、サプリメントに頼ってみるのもいいと思います。

 

 

2. 身体を動かす

 

 

太陽の光を浴びながら運動すると、脳から幸せホルモンとも呼ばれるセロトニンが分泌されます。

 

 

セロトニンが分泌されると心の疲れを癒し、気分がスッキリして前向きな気持ちになることができるのですね。

 

 

また、適度に身体を動かすことは血行や代謝もよくなるので、妊活にも効果的に働きます。

 

 

ウォーキングや自転車などの有酸素運動は、セロトニンの分泌だけでなく血行促進や代謝機能のアップも期待できます。

 

 

しっかり息を吐くことはセロトニンの活性化につながるので、ヨガもストレス解消によいといえます。

 

 

3. リラックスタイムを作る

 

 

趣味などをする時間を楽しんだり、頑張っている自分へのご褒美としてちょっとした贅沢をしてみるのも良いでしょう。

 

 

例えばあなたの好きな香りを探し、香りに癒されるアロマテラピーでリラックス効果が期待できることから、ストレスの解消につながります。

 

 

4. 意識的に泣く

 

 

意識的に泣くことは、実はストレスの解消にもなるのです。

 

 

感情を抑えずに涙を流して泣くことはデトックスにもなりますので、ストレスを抱えていても吹き飛んでしまうはずです。

 

 

例えば、悲しい映画を観て寝る前に思い切り泣けば翌朝スッキリ目覚め、気持ちも身体もラクになっていることでしょう。

 

 

 

次の記事も参考にしてみて下さい。

 

要注意!妊活に良くない仕事のイライラ

 

 

 

5. パートナーとの時間を大切にする

 

 

妊活をする上では、特にパートナーとのコミュニケ―ションは大切なことになります。

 

 

不妊治療や妊活によるストレスなどのネガティブなことでも、パートナーと共有することでポジティブに考えることが出来るようになります。

 

 

妊娠しなかった場合でも、一人で落ち込まずパートナーと励まし合うことができますし、二人で一緒に出掛けたり会話を楽しんだり、パートナーとのスキンシップが大きな安らぎとなり心も落ち着くでしょう。

 

 

6. 妊活を一旦休んでみる

 

 

無理をしないでリラックスし気持ちをチャージすれば、ストレスを感じないで妊活ができるのではないでしょうか。

 

 

とりあえずサプリメントだけを続けてほかをやめてみるとか、頑張りすぎないことが肝心です。

 

 

今のあなたにとっては、ちょっとひと休みして身体も心もスッキリすることが大切なのかもしれませんね。

 

 

7. 妊活を人と共有する

 

 

妊活中のつらさや治療の痛みは、経験のない人にはなかなか理解してもらえず、当事者にしかわからないものです。

 

 

そこで妊活中の人や、不妊治療に取り組んでいる人のブログやSNSを覗いてみるのも、ストレス解消になるよい方法だと思います。

 

 

妊活についての情報交換や同じ経験をしている人達と、お互いに励まし合うこともできますし、実際に妊活をして妊娠した方のエピソードなどは、あなたにとって大きな希望や励みになるのではないでしょうか。