妊活したい!結婚後の仕事はどうする?

妊活したい!結婚後の仕事はどうする?

妊活したい!結婚後の仕事はどうする?

 

 

女性が妊娠するためには、年齢が大きく関係してきます。

 

 

30歳を過ぎてからはなるべく早めに第一子を設けることが望ましいので、既婚者はこの年齢からは俄然妊活する人が増えてきます。

 

 

しかし仕事をしながら妊活する人が多いですし、寿退社をした人でもすぐに妊娠するとは限りませんので、結婚後に再就職を考えながら妊活をする人もいます。

 

 

同じ働くなら少しでも妊活に有利なように仕事をしたいものですが、そのためにはどうしたらいいのでしょうか。

 

 

・結婚後も同じ職場で働く場合

 

 

「妊活をしようと思っている」「妊娠した」と言うことを、職場で上司などに打ち明ける以前から仕事に真剣に向き合っておく姿勢が大切です。

 

 

仕事ができる時に一生懸命しておくことは、必ず自分にもプラスになるはずです。

 

 

妊活の甲斐あって妊娠・出産して産休を取る上で、「あなたが必要なので、また戻ってきてほしい」と上司や同僚に言ってもらえると嬉しいですよね。

 

 

不妊治療をしている場合なら、どうしても頻繁かつ突然な休みが必要なので、周りに迷惑をかけて心苦しいと感じている人が多いようです。

 

 

不妊治療のために職場では仕事の調整が大変になることから、治療と仕事の両立はかなり難しいようですが、それでも残業の少ない部署や比較的休みがとりやすい部署に配置換えしてもらった人もいます。

 

 

いずれにしても、妊活には妊活に適した期間というものがあるので、最優先で考えたいものです。

 

 

その結果、「本当は辞めたくなかったけど、退職することを選択した」と言う人もいますが、退職は最後の手段として考えるのがいいのではないでしょうか。

 

 

実際に仕事を辞めて治療に専念して、それでも子どもができなかった人もいて、その中には「仕事も貯金も何もかもなくなってしまった」と言っている人もいます。

 

 

職場に留まっていれば、妊娠・出産した後は「母体保護規定」などによって女性に不当な仕事や退職を強要することは禁止されていますので、権利を主張することは可能です。

 

 

 

 

・寿退社した場合の仕事の選び方

 

 

結婚後、妊娠するまでの間は、バイトと派遣ではどちらが良いのか悩む人も多いのですが、できれば健康保険に入れる福利厚生のある派遣の方がいいでしょう。

 

 

保険に入って1年以上働いてから産休にはいれば出産手当金ももらえますし、時給がいいのはやはり派遣ですし、仕事の張り合いも派遣のほうが断然あります。

 

 

正社員になるに越したことはありませんが、残業や出張などが多いと妊活に影響が出てしまいますし、責任のある仕事を任されたり役職についたりすれば妊娠しても休みにくくなったり、辞めにくいなどの心配が出てきます。

 

 

どうすればいい?妊活したいが旦那の仕事が忙しい